三和音(トライアド) | 東急田園都市線 宮前平駅・小田急線 生田駅のギター教室・音楽理論教室「フォーカスラボ」

HOME > ラボラトリー > 三和音(トライアド)

Laboratory - ラボラトリー

三和音(トライアド)

  • mixiチェック
  • Clip to Evernote
異なる音を同時に鳴らして響かせるものを「和音(コード)」といいます。楽曲を演奏するためには和音(コード)を演奏することが重要となります。今回は比較的覚えやすく、様々な楽曲でも使われている三和音(トライアド)を解説します。音の仕組みや実際の弾き方なども覚えていきましょう。

三和音とは

三和音(トライアド)

三和音とは根音(ルート)、3度、5度が重なってできた和音のことを言います。度数については「音程(インターバル)」を参照してください。シンプルで和音の持つキャラクターがはっきりとわかるのが特徴です。三和音の種類は大きく分けて下記の4種類となります。

  • 長三和音

  • メジャートライアド
  • 1度(根音)、長3度、完全5度が重なってできた和音を長三和音(メジャートライアド)と言います。とても重要な和音で、たくさんの音楽の中で使用されています。
  • 短三和音

  • マイナートライアド
  • 1度(根音)、短3度、完全5度が重なってできた和音を短三和音(マイナートライアド)と言います。暗いイメージのする場合が多く、こちらもとても重要な和音です。
  • 増三和音

  • オーギュメンテッド・トライアド
  • 1度(根音)、長3度、増5度が重なってできた和音を増三和音(オーギュメンテッド・トライアド)と言います。曲中では通過音のような形で使われることの多い、癖のある和音です。
  • 減三和音

  • ディミニッシュト・トライアド
  • 1度(根音)、短3度、減5度が重なってできた和音を減三和音(ディミニッシュト・トライアド)と言います。
ページTOPへ