四和音 | 東急田園都市線 宮前平駅・小田急線 生田駅のギター教室・音楽理論教室「フォーカスラボ」

HOME > ラボラトリー > 四和音

Laboratory - ラボラトリー

四和音

  • mixiチェック
  • Clip to Evernote
三和音に続いて四和音を解説します。四和音は三和音に加えて6度、または7度の音を追加したものです。三和音よりも音が1音多いために繊細な表現ができることが特徴のひとつです。四和音の種類や和音の特徴やギターでの演奏方法などを学んでいきましょう。

四和音とは

四和音

四和音とは根音(ルート)、3度、5度、6度または7度が重なってできた和音のことを言います。度数については「音程(インターバル)」を参照してください。三和音に比べて音数が多いために繊細な響きがするのが特徴です。四和音の種類は大きく分けて下記の8種類となります。

  • メジャー・
    セブンス

  • メジャーセブンス
  • 1度(根音)、長3度、完全5度のメジャートライアドに加え、長7度が重なってできた和音を「メジャーセブンス」と言います。長三和音に比べて繊細な響きがするのが特徴です。
  • マイナー・
    セブンス

  • マイナー・セブンス
  • 1度(根音)、短3度、完全5度に加え短7度が重なってできた和音を短三和音「マイナー・セブンス」と言います。
  • ドミナント・
    セブンス

  • ドミナント・セブンス
  • 1度(根音)、長3度、完全5度に加え、短7度が加わった和音を「ドミナント・セブンス」といいます。不協和音であり、協和音への解決するきっかけとして使われる和音です。ブルースやファンクなどでもよく利用されています。
  • ハーフ・ディミニッシュト・セブンス

  • ハーフ・ディミニッシュト・セブンス
  • 1度(根音)、短3度、減5度に加え、短7度が重なってできた和音を「ハーフ・ディミニッシュト・セブンス」または「マイナー・
    セブンス・フラット・ファイヴ」と言います。
  • ディミニッシュト・
    セブンス

  • ディミニッシュト・セブンス
  • 1度、短3度、減5度、減7度(長6度)が重なってできた和音を「ディミニッシュト・セブンス」と言います。ボッサなどでもよく聴かれる和音です。
  • マイナー・メジャー
    ・セブンス

  • マイナー・メジャー・セブンス
  • 1度、短3度、完全5度、長7度が重なってできた和音です。ドミナントが長3度、短7度だったのに対してこちらは逆になっています。
  • メジャー・
    シックスス

  • メジャー・<br />シックスス
  • 1度、長3度、完全5度、長6度が重なってできた和音を「メジャー・シックスス」と言います。
  • マイナー・
    シックスス

  • マイナー・シックスス
  • 1度、短3度、完全5度、長6度が重なってできた和音を「マイナー・シックスス」と言います。
ページTOPへ