'."\n" ?> 奏法について | 東急田園都市線 宮前平駅・小田急線 生田駅のギター教室・音楽理論教室「フォーカスラボ」

奏法について | 東急田園都市線 宮前平駅・小田急線 生田駅のギター教室・音楽理論教室「フォーカスラボ」

HOME > ギターレッスン > 奏法について

Lesson - ギターレッスン

ギターを弾く上で奏法は重要ですが人によって手の大きさの違いやクセなどがあるため、全ての人が同じ弾き方でよいというわけではありません。また、身体的な特徴以外にもどういう音楽を演奏したいのか。どういう音が好みなのかによって変わるので奏法スタイルは一人一人が違っていて当然です。また、教則本などでありがちなお手本のスタイルはあなたにとって適切ではない場合もあります。フォーカスラボのレッスンでは初心者のための奏法アドバイスを行っています。憧れているギター奏者や出したい音を研究しながら最も適切なものを見つけましょう。

フィンガリング

ギターを演奏するにあたって重要な「フィンガリング」とは左手の指使いのことを指します。運指をスムースに行うためにはどの弦をどの指で押さえるかが重要になってきます。また、弾きたいプレイ内容や前後のフレーズの関係によっては運指パターンを変えたほうが上手く演奏できる場合もあります。レッスンでは様々なパターンを練習するだけではなく、実際に演奏したい曲や弾きたいフレーズをどういうフィンガリングで行えばいいのかを指導します。

ピッキング

ピッキングは音のトーンや強さを決定する上で最も重要です。弾き方はそれぞれ個性がありますが、どういう風に弾けばどんな音が出るかということを理解しておけばフレーズや弾きたい音によってどのピッキングを選べばいいのかがわかります。実際に現状のピッキングを改善したいという場合には演奏したいジャンルなどを考慮した上で適切なアドバイスをさせていただきます。

コードフォーム

コードフォームに関してはどういうスタイルで弾くのかが重要になってきます。押さえ方も大切ですがジャンルや編成よってはルート(根音)を弾かない方がよい場合もあれば、6弦全てを使った複雑な響きが必要な場合もあります。やりたい音楽や弾きやすさなどを考えながら最もよいスタイルを一緒に考えていきましょう。
ページTOPへ